ロレックス GMTマスター 辞典

 TOP > モデル一覧
ロレックス GMTマスターII モデル紹介
 ・ GMTマスター II  Ref.116710LN Ref.116713LN Ref.16710 Ref.16760
ロレックス GMTマスター I モデル紹介
 ・GMTマスター I  Ref.16700 Ref.16750 Ref.1675 Ref.6542
 ロレックス GMTマスター II
ロレックス GMTマスター II Ref.116710LN Ref.116710LN
下記Ref.116713LNのステンレスモデル。2007年のバーゼルワールドで発表されました。旧モデルからの変更点はRef.116713LNと同じです。2007年8月現在、バリエーションはブラックベゼルのみです。
商品ページはこちら
ロレックス GMTマスター II Ref.116713LN Ref.116713LN
2006年バーゼルワールドで発表された新型GMTマスター II のコンビモデル。リファレンスが6桁になり、ベゼルの素材がセラミックになるなどいくつかの変更点があげられます。
商品ページはこちら
ロレックス GMTマスター II Ref.16710 Ref.16710
1990年頃から製造されている現行GMTマスター II 。ロレックスきっての多機能モデルでコストパフォーマンスの高い時計と言えるでしょう。また、中古市場で供給が安定しており、状態が良いものが多いのも特徴です。
商品ページはこちら
ロレックス GMTマスター II Ref.16760 Ref.16760
GMTマスター II のファーストモデルとして1983年頃に登場。短針が単独で動かせるため、最大3ヶ所までの時間帯を読み取れるようになりました。Ref.16750と販売時期が重なっており、べセルは黒赤のみとなります。
 ロレックス GMTマスター I
ロレックス GMTマスター II Ref.16700 Ref.16700
風防が現行モデルと同じ、サファイヤクリスタルに変更になりました。また、テンプを支えるブリッジが二つになり、メンテナンス性が向上。このモデルはGMTマスター I の最終モデルとして1999年に生産中止となりました。
ロレックス GMTマスター II Ref.16750 Ref.16750
リューズを回すことでカレンダーを早送りできるクィックカレンダー機能が搭載されました。また、途中よりインデックスのフチにメタルの枠が付いたため、2種類の文字盤が存在します。
ロレックス GMTマスター II Ref.1675 Ref.1675
リューズガードが付き、ベゼルがステンレス製に変更されました。アンティーク市場で未だ人気のロングセラーモデルです。特にGMT針の先端の三角が小さい“ミニ針”はレアモデルとして高値で取引されています。
商品ページはこちら
ロレックス GMTマスター II Ref.6542 Ref.6542
GMT針搭載の世界初のワールドウォッチとして登場したこのモデルは、パンナム航空のパイロット用として正式採用され、発売当初より高い人気でした。リューズガードがなく、ベゼルがプラスチック製なのが特徴です。


その他のモデル
▼スポーツ
ロレックス デイトナ
ロレックス エクスプローラ I
ロレックス エクスプローラ II
ロレックス サブマリーナ
ロレックス シードゥエラー
ロレックス ヨットマスター
ロレックス GMTマスター II

▼スタンダードモデル
ロレックス デイトジャスト
ロレックス エアキング
ロレックス デイデイト


▼お薦め時計店
ロレックス専門店クォーク

▼お薦め個人サイト
ロレックスの賢い買い方

▼その他のお薦めサイト
ロレックス オフィシャルサイト
ウォッチファンドットコム
ロレックス修理専門会社
クラウンマイスターズ

ロレックス買取センター